東京都心のコンパクトマンション207棟の実績と信頼

2019年04月12日(金)

家賃インフレ

デフレ脱却は道半ばですが、最近都心のマンションの家賃が上昇しています。

下記のデータは直近1年くらいの弊社の自社ブランド物件で入居者が入れ替わった時のデータの一部です。

参考資料

【ステージファースト飯田橋】
47㎡  17.3万⇒20万
26㎡  10.25万⇒11.4万

【ステージファースト蔵前Ⅱ】
55㎡  18.2万⇒20万

【ステージグランデ元浅草】
51㎡  17.8万⇒21万

【ステージグランデ茅場町】
25㎡  9.75万⇒11万

【グランドコンシェルジュ日本橋】
25㎡ 10.05万⇒11万

【グランドコンシェルジュ麻布】
26㎡ 12.9万⇒14万

【ステージグランデ芝大門】
26㎡ 12.45万⇒13.6万

【ステージファースト芝公園】
26㎡ 12.7万⇒13.5万

【グランドコンシェルジュ千駄ヶ谷】
34㎡ 16.6万⇒18万

要因として考えられるのは

①都心の新築マンションの供給不足
 地価高騰と建築コストの値上がりにより採算が取りにくい
 ホテル業界にマンション用地を取られている

②職住近接のトレンド
東京の満員電車はストレス
 「何本か待たないと乗車できない」
 「人込みで入場制限がありホームに入れない」

③好景気による収入増
 IT企業の社員は高収入、
オリンピック特需により建設業界は残業多い

④東京都の人口増加 
毎年約10万人の増加  現在約 1385万人
大都市に人が集まるのは日本だけではなく世界中のトレンドです。

※私たちはオーナー様のためにできるだけ高い家賃で貸してパフォーマンスを上げようとしています。