明和グループ東京のワンルームマンション30年の実績

[お問い合わせ]営業時間/10:00~17:00
0120-005-633

2019年05月07日(火)

NISA(ニーサ)-少額投資非課税制度-

NISAは株式や投資信託の運用益や配当金にかかる税金20.315%を一定額非課税にする制度です。
もう口座をお持ちの方や、NISAで投資を始めている方も多いと思います。

NISAの基本的な特徴は下記の通りです

◎利用できる方  
日本にお住いの20才以上の方
◎非課税対象 
 株式、投資信託の投資から得られる配当金、分配金
 譲渡益 
◎口座開設可能数
 一人一口座
◎非課税投資枠
 新規投資額で毎年120万円が上限
 (最大600万円)
◎非課税期間
 最長5年間
◎投資可能期間
 最長5年間(2014年~2023年)

※初心者向けにはいい制度ではあると思いますが見落としがちなデメリットがあります。

デメリット

①現在保有している株式や投資信託をNISA口座に移すことはできません。
②NISA口座の損益は他の口座とは損益通算ができません。
③注意が必要なのは、非課税期間終了時に保有資産が値下がりしていた場合です。

例えば、NISA口座で株式を120万円で購入し、5年の非課税期間終了時に100万円に値下がりしていたとします。

この時点でNISA口座から課税口座へ移す場合、取得価格は100万円に変更されます。

その後、

① 100万円から130万円に値上がりし売却した場合 
→ 利益の30万円(130万円-100万円)に課税されます。
② 100万円から80万円に値下がりし売却した場合 
→ 利益がないので税金はかかりません。

※金融庁のHPから引用

つまり損失が出ているのに税金がかかる可能性があります。

非課税になるとはいえ、株式投資をすることと同じですから投資の勉強をすることも大事ですし
しっかりデメリットも理解してから始めることが大切です。

関連記事

コラム20「マンション投資適正診断-自分は不動産投資に向いてるの?-」を公開致しました。

コラム25「中古マンションに投資する時の基準-中古マンションに投資する時の注意点-」を公開致しました。

コラム21「通貨安競争-世界的な低金利と資産バブルの可能性-」を公開致しました。