明和グループ東京のワンルームマンション30年の実績

[お問い合わせ]営業時間/10:00~17:00
0120-005-633

2021年04月27日(火)

住宅高騰 -韓国(ソウル)-

韓国の不動産が急上昇しています。
特に都心のソウルは、4年で8割上昇しています。
売買価格も家賃も上がっています。

原因は
①首都圏人口が増加している
2019年のデータでは、韓国の総人口は5,178万人
そのうち50%、2,589万人がソウル市、京畿道、仁川市に居住している。
首都圏人口が50%を超えるのは初めてで、都市部への人口集中が鮮明。

②供給不足
文政権は住宅政策を重視していますが、再開発認可を制限して投機熱を
冷まそうとする対策が裏目に出て供給が4割減少しました。

③金融政策
コロナ禍の経済対策として韓国銀行(中央銀行)が政策金利を
歴代最低の0.5%に引き下げ、投資マネーが増加しました。

※都市部への人口集中の一因として、学歴社会、教育熱心な韓国の文化も関係があります。
進学率の高い高校や有名な塾があるのは、都市部のため
子供の教育のために高くても都市部の住宅を購入しているようです。

※市民の所得はさほど増えていないためマイホームに手が届かなくなった市民は、
政権の不動産政策に不満を強めているそうです。

関連記事

コラム37「宝くじと投資-年末ジャンボ-」を公開致しました。

コラム98「確定申告-Tax Return-」を公開致しました。

コラム30「マンション購入適齢期-マンション経営は、何歳から始めるのが最適なのか?-」を公開致しました。