明和グループ東京のワンルームマンション30年の実績

[お問い合わせ]営業時間/10:00~17:00
0120-005-633

2020年04月17日(金)

セカンドハウス-二拠点居住-

セカンドハウスとは、自宅の他にもう一つの生活する家。
リゾート地(軽井沢、八ヶ岳など)に所有する別荘とは少し違って、自宅よりも通勤に便利な立地に週に何回か住む事、仕事や生活のもう一つの拠点です。
特に今は、郊外に住んでいて、在宅勤務したくてもできない人が、満員電車を
避けるために部屋を借りたり、所有することです。
逆に、都心に家のある人は、週末や休日に郊外や田舎の家に暮らすというケースもあります。

デュアルライフとも言うそうですが、今後ニーズがありそうです。
新型コロナが長引いて、在宅勤務が定着すると、家が狭いとか子供がいるので仕事にならないとか、仕事場として、部屋を借りたり、購入したりする人が増えるかもしれません。

ビジネスホテルを借りるという方法もありますが、
自分の家ならば着替えを置いておいたり、大事な仕事の書類を保管したりとやはりホテルとは違います。
また都心のワンルームマンションをセカンドハウスとして所有していて
利用しなくなったときは、立地条件が良ければ、賃貸に出して家賃収入を得る事ができます。

これがリゾート地のリゾートマンションや別荘となると
貸したくても誰も借りてくれないということが考えられます。利用しなくなっても
いろいろ使い道があるのが、都心のワンルームマンションです。

100年前のスペインかぜは、1918年~1920年くらいまで、終息までに約2年かかったそうですから
郊外から通勤しなければならない方には、都心のセカンドハウスは魅力的と思います。

※セカンドハウス専用の住宅ローンも銀行によっては扱っていますのでご相談ください。
セカンドハウスローンは投資用には利用できません。

関連記事

コラム37「宝くじと投資-年末ジャンボ-」を公開致しました。

コラム65「東京都の人口-1400万人突破-」を公開致しました。

コラム61「丸ノ内線-東京メトロ-」を公開致しました。