明和グループ
東京のワンルームマンション30年の実績

2019年06月21日(金)

年金不足2000万円
本当に老後の資金が2000万円も足りないの?

金融庁が発表したレポートが問題になり、政府が弁解に追われています。
公的年金だけで足りるか足りないかは都会で暮らすか、地方で暮らすか、
どんな老後生活をするかにもよると思いますが、転ばぬ先の杖という事で
ここでは2000万円貯めるにはどうしたらいいのか考えてみましょう。

まずは
定期預金で2000万円を貯めるには現在の利率は0.01%ですから、
20年で貯めるには毎月の積立額は83250円です。

これは一般の会社員ではきついですから30年で貯めるには毎月55472円です。
今の定期預金の利息で2000万円の貯蓄を作るのは容易ではありません。
それではリスクを取って3%で運用する目標にしてみましょう。

3%で運用できたと仮定してみると
20年で毎月60920円、30年で毎月34321円の積立が必要になります。
3%で運用できたとしても大変です。

また、老後の資金を作る上で考慮しなければいけない点としては
長期間の運用なので、インフレを考えないといけません。

もし2000万円の蓄えができたとしても物価が2倍になっていたら実質価値は1000万円です。
仮に日本の消費税を25%にしたとしても、日本は人口も多いし、借金も多いので、北欧のような福祉国家になれるかどうかわかりません。
一応、自助努力で貯蓄か自分年金を作った方が良さそうです。