明和グループ
東京のワンルームマンション30年の実績

2020年01月31日(金)

タワーマンションのデメリット-スカイスクレーパー-

タワーマンションを購入したり、住んでいる人のイメージは、お金持ち、成功者人生の勝ち組という感じがしてあこがれてしまいます。

しかしながら、意外なデメリットもあるようです。

①風が強い
上層階は強風で窓が開けられない
強風時に揺れる

②地震で揺れる
震度1~2程度でも震度4くらいに揺れる
(免震構造なので倒壊の心配はないようです)

③エレベーター問題
エレベーターの待ち時間が長い
特に朝の通勤時間帯はストレス

④販売価格や管理費が高い
付属設備が多いため分譲価格や管理費が高くなります。
メリットでもありますが、コストはかかります。

スポーツジム
プール
パーティルーム
ゲストルーム
キッズルームなど

使用する人はいいですが、全く使わない人には高コストです。

⑤防音問題
タワーマンションは構造上、重量を軽くするために隣の部屋との戸境に
コンクリートではなく石膏ボードを使用します。
乾式壁といって一応数字上の防音効果はありますが、やはり音がどこかから
響いてくることが多いようです。
高級マンションに住んだつもりが、ビジネスホテルのように隣の音が聞こえる
ようでは幻滅です。

⑥将来の修繕が未知数
日本のタワーマンションは新しいものが多く、まだ大規模修繕を経験していません。15階建てくらいのマンションであれば足場を組んで工事をしますが
50階ともなるとどうやって大規模修繕をするのでしょうか?
費用も相当かかりそうです。

⑦停電問題
昨年は武蔵小杉のタワーマンションで停電が発生し、ニュースでも
取り上げられました。エレベーターが止まってしまうと高層階に住んでいると
大変です。北海道の地震で2日間停電した時も札幌のタワマンの住人は
階段で買い物に行くしかなかったそうです。

もちろんタワーマンションは、眺望が良い、防犯性が高い、駅に直結してるなど
メリットもたくさんありますが、デメリットも理解したうえで購入、投資を検討しましょう。