東京都心のコンパクトマンション203棟の実績と信頼

2019年02月12日(火)

確定申告

今年の確定申告の時期は
2月18日~3月15日までです。
ただし還付申告は、1月1日から5年間申告することができます。

確定申告に関しては、給与所得だけの会社員の方のほとんどは、
自分には関係ないと思っているのではないでしょうか。
会社員の方で一般的に多い還付申告は、医療費控除と
寄付金控除(ふるさと納税など)かと思います。

今回は医療費控除についてです。
※医療費控除の要件

総所得金額が200万円以上の方は、
実際に支払った医療費-10万円が (最高で200万円)所得控除されます。

医療費控除の対象となる医療費の要件
(1) 納税者が、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること。
(2) その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費であること(未払いの医療費は、現実に支払った年の医療費控除の対象となります。)。

「医療費控除」の対象になるもの
・病院、歯科の治療費、薬代
 ・薬局で買った市販の風邪薬や花粉症の薬など
 ・入院の部屋代、食事の費用
 ・妊娠の定期検診、検査費用
 ・出産の入院費
 ・病院までの交通費
 ・子どもの治療のための歯科矯正
 ・在宅で介護保険をつかった時の介護費用

医療費控除の対象にならないもの

自分の都合で利用する差額ベッド代
 ・健康増進のビタミン剤や漢方薬
 ・病院までマイカーで行った時のガソリン代や駐車料金
 ・里帰り出産のために乗った飛行機代
 ・美容整形

※昨年は医療費の領収書等を保存してない方は、来年の申告のために今年から領収書を取っておいてはいかがでしょうか?
10万円超えなければ不要になってしまいますが、その時は健康だったことに感謝しましょう。

詳細については国税庁のHPをご覧ください。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1122.htm