明和グループ東京のワンルームマンション30年の実績

[お問い合わせ]営業時間/10:00~17:00
0120-005-633

2021年12月29日(水)

海外投資家 -独アリアンツ-

海外の投資家からも日本の住宅投資が人気です。
ドイツの大手保険会社 アリアンツは今後2~3年で、日本の賃貸マンションに2200億円(20億ドル)投資すると発表しました。
手法としては、ファンドを設立して、国内の不動産会社から新築物件を買い取って長期保有する方法です。
ファンドには他の海外大手機関投資家も参加します。
カナダのケベック州貯蓄投資公庫 傘下の「アイバンホー・ケンブリッジ」などが
資金を出します。
投資対象は、日本の大都市
東京、大阪、名古屋、福岡の賃貸マンション。
理由としては、人口減少の日本でも大都市に人が集まる傾向は世界的な
潮流で今後も安定した賃貸需要が期待できるからです。

意外に、日本に住んでいる日本人には自国の魅力がわからず、
海外から見た方が、日本の不動産の魅力がわかるようです。

アリアンツは、運用資産の分散のためアジアへの投資を増やしています。
そしてアジアで、経済規模が大きく、不動産の割安感があり政治も安定している日本は最重要投資先とのことです。
独アリアンツは、住宅のほかに物流施設にも投資しています。
コロナ禍で強さが目立ったのは、住宅と物流施設でした。
物流施設は金額が1件数百億円ですから、個人が投資するにはREITを利用するくらいしか方法はありませんが、
住宅投資なら個人でも1部屋~数部屋は可能です。

関連記事

no image

コラム14「iDeCo」を公開致しました。

コラム75「ウォーレン・バフェット氏-長期投資-」を公開致しました。

コラム124「ライフシフト - 100歳まで豊かに-」を公開致しました。