明和グループ東京のワンルームマンション30年の実績

[お問い合わせ]営業時間/10:00~17:00
0120-005-633

2022年12月05日(月)

香港ファンド -ガウ・キャピタル-

円安を追い風に海外ファンドによる日本への不動産投資が活発です。
アジアを地盤とする大手不動産ファンド 
ガウ・キャピタル・パートナーズ(香港)は、日本国内の物流施設7物件を取得します。
取引金額は約800億円

 過去のガウ・キャピタル・パートナーズの国内の投資実績

2014年 ハイヤットリージェンシー大阪取得
2017年 みなとみらいセンタービル取得
2019年 青山ビル取得 (840億円)
2020年 松下IMPビル取得
2020年 東洋紡ビルディング取得
2022年 日本の主要都市の賃貸住宅取得
2022年 日本のリート 
インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人を買収して非公開化

海外の投資ファンドにとっては、日本の不動産はかなり魅力的のようです。
日本人には、S&P500などアメリカに投資するのが人気のようですが
日本に住んでいると日本の良さに気が付きにくいのかもしれません。

関連記事

コラム49「テレワーク-リモートワーク-」を公開致しました。

コラム108「GW -ステイホーム- 」を公開致しました。

コラム61「丸ノ内線-東京メトロ-」を公開致しました。