明和グループ
東京のワンルームマンション30年の実績

2019年11月08日(金)

金融リテラシー-金融リテラシーを身につけよう-

リテラシーとは読み書きという意味で、
金融リテラシーとは金融や経済に関する知識や判断力のことを言います。

不動産投資や他の投資に興味がある方はまずは、
金融リテラシーを身に着ける事をお勧めします。

まずは初歩的なものから   

①家計管理

家計管理で大事なことは、毎月の収入の範囲内で生活する習慣をつける事です。
毎月の給料、収入よりも出費が多い人は資産運用どころではないですね。
まずは毎月の収支の赤字解消、黒字確保を習慣にしましょう。
収入の10%以上を貯蓄に回す習慣が出来たら素晴らしいです。
それには、余ったお金を貯蓄に回すのではなく、
給与天引きや先取り貯金で残ったお金でやりくりする事が大切です。

②生活設計(ライフプラン)

ライフプランとはまず何がしたいのか?
どういうイベントがあって何が必要になるのか?考える事から始まります。
例えば 結婚資金やマイホームの購入、子供の教育費、早期リタイヤ
老後資金などです。

③金融知識と経済の知識

投資のためには、国内の景気動向、 世界経済のトレンド、金利動向などを勉強することも重要です。
まずはテレビの経済ニュースを見たり、新聞であれば日本経済新聞を購読することをお勧めします。

重要な指標である
米ドル⇔円の為替レート…日経平均株価  

10年物の国債金利など代表的な指標は日々抑えておきたい項目です。
また株式投資や投資信託を始めたいのであれば、買う前に
買ったつもりで価格を手帳に書いておくのもいいでしょう。
その株価が3カ月後半年後にいくらになっているか。
買った方がよかったのかなど、またなぜ上がったのか、下がったのか、
とても勉強になりますし、新聞を読むのが楽しくなります。

一般的に投資初心者の人は、天井で買いたくなる、
底値で売りたくなるこういうケースが多いです。

またよく理由を調べずに、人気があるから、皆が買っているから買いたいという考えは危険です。
不動産投資に興味があるのであれば、
セミナーに参加するのもいいですが、まずは物件を見に行くのもお勧めです。

どこの駅、町に将来性があるとか、
そのマンションブランドの管理状態など現地を見に行くことは勉強になります。

また関東にお住まいであれば、
最新のトレンディスポットなどに行くのもお勧めです。
六本木ヒルズの展望台や11月1日に完成した
渋谷スクランブルスクエアの展望台なども有料にはなりますが、
東京の地理が良くわかって不動産投資の勉強になると思います。