明和グループ
東京のワンルームマンション30年の実績

2019年11月15日(金)

INVESTMENT-インベストメント-

『 投資 』

皆さんは投資と言うとどうゆうイメージをお持ちでしょうか?
日本語で投資と言うと、資財を投げると書きますので
お金を捨ててしまうようなイメージになる人もいると思います。
もしかしたら、この漢字が日本人の投資嫌いを反映しているのかもしれません。

一方 「投資する」は英語ではINVESTで、語源としては
IN + VEST   中 +  衣服(ベスト)
服を着る。服を着せるという意味から来ています。

お金に服を着せる。
またはちょっと拡大解釈すると
自分が資産というチョッキを着て身を守る。という意味になります。

投資好きなどと言うと、
日本ではギャンブル好きですかくらいに思われることもありますが、
もう少しポジティブに株式投資や不動産投資で
自分や家族を守るという考え方も必要かと思います。

次に考える事は、何に投資すればいいか、
どういう資産を買えばいいのか。という問題です。

例えば、高級腕時計や高級車を資産と考えている人もいるかもしれませんが、
値上がりするような時計や、自動車は極稀でしょう。

また、マイホームも広過ぎたり、豪華過ぎる家は無駄な投資になる場合もあります。
株式に投資すると決めたとしても、銘柄を選定するには知識や勉強が必要です。

過去には、日本航空や武富士、タカタ、ライブドアなども倒産で
資産価値はほぼゼロ、紙切れになってしまいました。

不動産に投資すると決めても、戸建、アパート、マンション
エリアも地方都市、大都市、東京など選択肢も様々です。
最近ではかぼちゃの馬車のシェアハウスのオーナーやレオパレスの
アパートのオーナーさんたちも大きな損失を受けました。

このように簡単には行かない投資ですが、
NISAやIDECOも結局は投資ですから、
特にマイナス金利の時代では避けて通れない道だと思います。

まず投資の勉強をスタートするには、投資関係の書籍を読んだり、
積極的にセミナー等に出席するのがいいと思います。

一方、自分に投資することも大事です。仕事に役立つ資格や
語学の勉強などの受講料も重要な投資と言えるでしょう。

最後に一つ 「投資は自己責任です」
知合いや友人の話を鵜吞みにして投資したりうますぎる話に飛びつくのも危険です。
自分でしっかり勉強してから始めましょう。