明和グループ
東京のワンルームマンション30年の実績

2019年09月06日(金)

マンション投資の失敗-マンション投資の失敗例-

マンション投資の基本は長期投資です。
新興国の不動産であれば1年や2年で大きく値上がりすることもあるでしょうが、
日本のような成熟した経済では短期で値上がりするケースは稀です。
失敗例で多いのは明らかに短期(1年~3年程度)で売却してしまう方です。
短期で売却する場合には、取得時に登記費用等も支払っているのでマイナスになるケースが多いです。

売却する事情は様々ですが、例えば

①月々の支払いがきつい
②結婚してマイホームを買いたい
③自分だけで決断して購入したが、家族に反対されて仕方なく売却。
④脱サラして独立したので、支払ができない
⑤転職して給与が下がった
⑥世界経済の状況が悪くて不安になった。
⑦家賃が下がってしまい支払いが増えた

上記のような理由で、売却してしまう例が多いですが、
それぞれ対策としては、

①支払い計画に余裕を持つ。何件も買い過ぎない
②マイホーム購入時に住宅ローンの審査が通るように頭金を多めに用意しておく
③婚約者や彼女、彼氏がいる場合は購入前にしっかり説得、納得してもらう。
④脱サラや独立する計画がある場合には、自己資金を増やして負担を減らしておく
⑤自分の会社の業績等から大きなリストラに会う可能性がないか考えておく。
⑥リーマンショック級の不景気が来てもあわてない。都心の家賃は不景気でもほとんど下がりません。
⑦家賃が下がってしまうような場所は購入しない。多少の上げ下げで動揺しない。
立地が良ければ一時的に下がることがあってもまた上昇します。
(弊社の新築物件では、当初5年間はサブリース家賃が固定されます。)

※不動産は原則、長期投資を念頭に、
10年以上または一生ものくらいの覚悟で投資しましょう。
それが不動産投資の成功への道です。