東京都心のコンパクトマンション199棟の実績と信頼

オーナーボイス

voice25
20代から始める「年金対策」としてのマンション経営

プロフィール

氏名: O.Nさん(29) 性別: 男性 職業: 大手化学メーカー勤務 住所: 千葉県在住 家族構成: 独身

マンション経営を始める 動機・きっかけ

千葉県在住で大手化学メーカー勤務のO.Nさん。株式投資や投信なども手掛けたことはなく、まだ20代ということもあり、資産形成や投資などにはあまり関心がありませんでした。そんなO.Nさんが不動産投資に関心を持ったのは、GRANDCITYから提案された「年金対策」というキーワードと、営業担当者の「熱意ある対応」でした。 日ごろの報道を見ても、20代の自分が、将来どのような水準で年金を受給できるのか。また、年金受給開始年齢の繰り下げ(68歳から70歳)という不安も漠然とありました。こうした将来不安に対して、分かりやすく、データをもとにして、具体的解決策としてマンション経営を提案してくれたのがグランドシティの営業担当でした。

なぜグランドシティを 選んだのか

営業担当者とはマンション経営が「年金対策」というのはどういう意味なのか、 ローン満期支払い後に実収入となる金額はどの程度なのか、購入後の賃貸経営はどのようになるのか、といった疑問点や不安を何度もやりとりをして、納得がいくまで打合せを行いました。こうした購入後のアフターフォローを安心して任せることの出来る、サポートのしっかりした不動産会社選びが大事なポイントだということを認識しました。実際に購入後も分からない点など4~5回はやりとりしています。

GRANDCITYからの 提案

そんなO.Nさんにグランドシティが提案したのが大田区の新築マンションでした。営業担当のオススメ物件であるということが第一ですが、物件の立地をみても、周辺環境も良く、中長期的にも安定的な賃貸需要が見込めると判断し、物件購入を決断しました。

購入動機

将来への備え・年金対策。

グランドシティの優位点

しっかりとした実績があるから。

担当営業マンは?

よかった。分かりやすく説明してくれ、人柄が良い。

満足度

満足している。

投資家へのアドバイス

“食わず嫌いをせず、とりあえずセールスの人に会って、きちんとした判断材料を得たうえで、いいか悪いか判断したほうが良い”

今後の要望

現時点では特にない。分からないことはこまめに担当者に聞いている。