明和グループ東京のワンルームマンション30年の実績

[お問い合わせ]営業時間/10:00~17:00
0120-005-633

2019年12月06日(金)

宝くじと投資-年末ジャンボ-

今年も年末ジャンボの季節になりました。
当たりくじは23本あるそうです。
前後賞合わせて10億円という、一般人の夢の金額です。
もう購入した方には夢のない話になってしまいますが、
宝くじの当たる確率について知っておきましょう。

比較対象として、
宝くじの当たる確率と飛行機事故の確率はどちらが高いと思いますか?

アメリカの国家運輸安全委員会の調査によると
飛行機事故で死亡する確率は
1/20万 0.0009%です。

そして年末ジャンボ宝くじ1等に当たる確率は
1/2000万 0.000005%です。
かなり確率は低いですね。

次に、宝くじの収益金はどこに使われるのでしょうか?

平成29年度の実績では
販売額 7866億円
当選金 3690億円 46.9%(還元率)
販売経費・印刷経費 1082億円 13.8%
広報費 98億円 1.2%
公共事業等 2996億円 38.1%

このように主たる目的は地方財政資金の調達に資することとされています。

競馬の還元率は74%ですからギャンブルよりも低い事になります。
もし宝くじ10万円分購入しようとお考えでしたら
マンション投資も始められますので、ご検討ください。

大量購入してハズレてしまった方は、
地方の公共事業に貢献したと思えば少しは救われるでしょうか。

10億円当選した方には、
是非弊社のマンション投資セミナーにご参加いただきたいと思います。

10億円分のマンション投資をすれば、
年間約3~4千万円の家賃収入が入ってきますので遊んで暮らせますね。

もう一つの選択肢
「年末ジャンボを買わないという選択肢も・・・・・・  あります。」

関連記事

コラム53「団信-団体信用生命保険-」を公開致しました。

ステージグランデ新中野アジールコートの販売を開始致しました。

コラム52「衣食住-Food, Clothing and Shelter-」を公開致しました。