明和グループ
東京のワンルームマンション30年の実績

2019年11月29日(金)

リスクとリターン-不確実性と収益-

リスクとは危険 危険度 不確実性の事を言います。

一般的にはリターンが高い商品は、
リスクも高いと説明されていますが本当にそうでしょうか?

確かにそういう商品が多いですが、
実はリスクが高くても、リターンが低いもの。リスクが低いのに、リターンが高いものもあります。

例えば今年の場合は、REIT(不動産投資信託)です。
年初からの日経平均株価の上昇率は20%で、東証REIT指数は29%上昇しました。
世界的な金利低下が大きな要因ですが、REITは一般的には
インカムゲイン狙いの株価下落にも強くリスクの少ない商品と考えられています。

リスクに関して大事なことは

①「どんなリスクがあるのか把握する」
②「どの程度のリスクなら対応できるのか?」
この2点を考える事が重要です。

またリスクヘッジ(危険回避)として

金利上昇のリスクに対応するには
①頭金を多くする(最低10万円~可能です)
②一部繰上げ返済用の資金を用意しておく。
③余裕のある支払計画を建てる

地震のリスクに対応するには
①地盤の良い土地のマンションを買う
②なるべく築年数の新しい物件を買う
③地震保険に加入する

家賃下落のリスクに対応する
①駅から近い物件を選ぶ
②人気の街を選ぶ
③人気の設備、間取りを選ぶ

不動産投資のリターンとしては
インカムゲイン (家賃収入)
キャピタルゲイン (値上がり益)があります。
インカムゲインの上昇やキャピタルゲインを期待したいのであれば、
やはり東京都心部がいいでしょう。

リスクには、何もしないリスクも含まれます。
例えば、海外に行くのが目的であれば、時間がなければ飛行機、
時間があっても船に乗るリスクは受け入れなければなりません。

また普通預金や定期預金で、
運用する場合には、今の利息では逆にインフレのリスクをまともに受ける事になります。

これを投資の世界では 「持たざるリスク」ともいいます。