東京都心のコンパクトマンション199棟の実績と信頼

オーナーボイス

voice6
将来への保証・生命保険代わりに
マンション投資を選択

プロフィール

氏名: T.Yさん(30) 性別: 男性 職業: 公務員 年収: 670万円 住所: 千葉県在住 家族構成: 夫婦+子供3人

マンション経営を始める 動機・きっかけ

千葉県在住で30代を迎えたばかりの公務員のT.Yさん。ご夫婦とお子様が3人の家族構成で、休みの日は家族揃っての休日を楽しんでいます。 そんなT.Yさんが不動産投資を行うきっかけはGRAND CITYからの電話でした。株式投資の口座は保有しているものの実質的な投資運用経験はありませんでした。最初は正直なところとまどいがありましたが、不動産投資の総合的な安定性やローンが終わるまでの間、生命保険代わりになる側面があることから、興味を抱くようになりました。

生命保険代わり の機能が魅力

投資のために物件を購入する時はローンと同時に団体信用生命保険(住宅ローンの返済途中で死亡、高度障害になった場合に、本人に代わって生命保険会社が住宅ローン残高を支払うというもの)を組みます。したがって、万が一の場合、ローン残債が保険により免除されると同時に、物件は家族のものになります。こうした生命保険的な保証機能が大きな魅力でした。 お子様が3人のT.Yさんにとって、月々家計から出て行く保険料は小さい額ではありませんでしたので、そういった保険の見直しもでき、万が一のことがあっても残ったローンは完済され、家族に物件を残すことができる、と考えました。

グランドシティからの 提案内容

さて、物件購入にあたって、T.YさんにGRAND CITYが提案したのが“東京・港区の新築物件”“東京・大田区の新築物件”の2物件でした。港区の物件は、実際に現地に足を運んでみると、“自分が住んでみたいと思った”と感じるデザインセンスのよい物件で、広尾・白金台・六本木エリアという都心立地のため、継続的な入居者需要が見込めると判断しました。また大田区の物件は、品川再開発・羽田空港拡張で更なる発展を目指すビジネスコアエリアで、物件の駅距離も近いため、利便性が高く、こちらは中期的には更に発展するエリアだと考え、購入判断したとのことです。

グランドシティの優位性

知人から口コミで評判を聞いて、ここなら安心できると考えた。

担当営業マンは?

レスポンスが迅速で、大変信頼できる。

満足度

大変満足している。

投資家へのアドバイス

早いうちに購入すればローンをあたかも入居者が自分のために返済してくれて、完済後は自分のものになる。

今後の要望

特になし。現状通り信頼できるフォローを継続してほしい。