東京都心のコンパクトマンション199棟の実績と信頼

オーナーボイス

voice04
自分に適した投資スタイルで一歩一歩確実に
私的年金としての堅実さを期待

プロフィール

氏名: K.Tさん(31) 性別: 男性 職業: 大学教員 年収: 約600万円 住所: 東京都在住 家族構成: 独身

マンション経営を始める 動機・きっかけ

東京都在住で大学教員のK.Tさん。約1年前より東京の大学に職を得、専門的な研究・教育活動を行っております。デフレ経済の長期化、世界的な金融経済状況の激変など、漠然とした不安はあったものの、それまで、不動産投資は自分とは直接関係がないものとして興味を持っていませんでした。そんなK.Tさんが東京のワンルーム不動産投資に関心を持ったのは、堅実な投資運用先として、将来の公的年金を補完する私的年金の役割に魅力を感じたことからでした。現在31歳のK.Tさんにとって、将来の年金受給が現在よりかなり厳しい環境になることは、予め予期していることだけに、こうした漠然とした不安に対する一つの現実的な解決策として、不動産投資に魅力を感じるようになりました。

なぜグランドシティ を選んだのか

はじめての不動産投資でしたので色々と不安もありました。そんな中、営業担当者から不動産投資に関する不安や質問に対して、常にスピーディな回答をもらい、信頼・安心感を感じるようになりました。ローンに関する様々なシミュレーションも、大変役立ったとのことです。

グランドシティからの 提案内容

そんなK.TさんにGRANDCITYが提案したのが“東京・大田区”の新築物件でした。本物件は先ごろリニア新幹線の始発駅最有力とも報道され、2027年の開業が予定されている品川駅へのアクセスも良く、羽田空港の国際化の加速などの要因もあり、中長期的な発展が見込めると判断しました。立地だけでなく、物件のデザインも都市的なモダンな感じがお気に入りとのことです。

グランドシティの優位点

ワンルーム不動産経営の実績があるから。

担当営業マンは?

ローンシミュレーションなど丁寧な説明・対応を頂き感謝している。

満足度

大変満足している。

投資家へのアドバイス

これからの20代30代のサラリーマン投資家へのアドバイスとして、次のようなご意見を頂いております。 “単なる年金不安解消というだけでなく、堅実な投資スタイルとして、老後の“年金”を自ら生み出し、安定した収入が見込める不動産投資は、注目していくと良いと思います。”

今後の要望

まだ家賃入金も始まったばかりで、実感は乏しいのですが、今後の家賃相場動向に関心を持っています。