構造
CONSTRUCTION

STRUCTURE

信頼の技術を施した強固な構造

耐震基礎構造

地震に強い建物を造るため、安全性の高い地盤を確保し、強固な杭で建物を支える杭基礎を採用しています。また、場所打ちコンクリート杭を固い支持層までしっかり打ち込むことにより、堅固な基礎構造を実現しています。

ダブル配筋

主要な壁や床の鉄筋には、コンクリート中の鉄筋が二重のダブル配筋を採用し、耐久性を確保しました。

閉鎖型フープ構造

一般的な工法の柱に比べて強度が高くなり、震災時の被害をより小さく抑えます。

樹脂管材

給水・給湯管には、耐久性に優れ赤水の心配もない樹脂管を採用。メンテナンス性にも優れています。

タイル貼りの外壁

外観は、落ち着きのある風景に溶け込んだタイル貼り。高級感あふれるだけでなく、風雨や腐食にも強い設計です。

※外壁 180~200mm

戸境壁

戸境壁には耐火遮音乾式間仕切壁を採用。隣戸との騒音を遮る構造と厚みでプライバシーにも配慮しました。

※耐火遮音乾式間仕切壁 136mm

セミエアタイトサッシ(T-2)

洋室には防音性の高いサッシを採用することで窓の外からの騒音を抑え、また住戸内からの音漏れも抑制し、より快適な住空間を保ちます。

置床式構造

フロア部分には、床下に空気層を設けた置床式構造を採用。床への衝撃を緩和して階下に音が伝わりにくくなります。