構造
CONSTRUCTION

耐震基礎構造

地震に強い建物を造るため、安全性の高い地盤を確保し、強固な杭で建物を支える杭基礎を採用しています。また、場所打ちコンクリート杭を固い支持層までしっかり打ち込むことにより、堅固な基礎構造を実現しています。

ダブル配筋

給水・給湯管には、耐久性に優れ赤水の心配もない樹脂管を採用。メンテナンス性にも優れています。

閉鎖型フープ構造

躯体柱には継ぎ目をあらかじめ工場で溶接した帯筋を使用する「閉鎖型フープ構造」を採用し、形状バランスや靭性を強化しました。震災時のせん断破壊にも強く、被害をより小さく抑えます。

タイル貼りの外壁

外観は、落ち着きのある風景に溶け込んだタイル貼り。高級感あふれるだけでなく、風雨や腐食にも強い設計です。

フリーフロア

フロア部分は、床下に空気層を設けた置床式の構造。スラブの熱や冷えが直に伝わらず、冷暖房の省エネルギーにも役立ちます。

複層ガラス(ペアガラス仕様)

ガラスを2枚使用することで、断熱性を高め、室内を快適な温度に保ちます。また冬の時期、室外と室内の寒暖差により生じる結露も発生しにくい性質を持ちます。

耐震枠

震災時、建物のゆがみによる扉の閉じ込みのないよう、ドア枠と扉の間に隙間を設けた耐震枠を採用。万一の際に玄関扉から避難しやすいよう配慮しました。

ノンスリップシート

バルコニーには、滑りにくく耐水性に優れたノンスリップシートを採用しました。足音の反響も和らげます。

耐震ラッチ

震災時、キッチンの吊り戸棚の中身が飛び出さないように、大きな地震を感知すると扉をロックする、耐震ラッチを設置しました。