明和グループ東京のワンルームマンション30年の実績

[お問い合わせ]営業時間/10:00~17:00
0120-005-633

2021年08月20日(金)

暗号資産 -仮想通貨-

暗号資産 仮想通貨がハッカーに攻撃されて盗まれました。

今回は660億円 

2018年にも日本の仮想通貨交換所「コインチェック」から580億円が盗まれました。
暗号資産の所有者(顧客)はお金が返って来るのか、保証されるのか心配でしょう。
「ミスター・ホワイトハット」と名乗るハッカーは遊びでやったと言っているそうです。
ハッカーは半分のお金を返金してくれたそうですが、まだ全額は返ってきません。

今回は、ホワイトハッカーだったので投資金額が戻ってくる可能性は
ありますが、これが金目当ての犯行であれば投資資金は無くなります。

ハッキング技術で優秀と言われている国は
①ロシア
②北朝鮮
③中国
財産・資産は簡単に盗まれないことも重要な要因です。

マンション投資は、第三者に対抗するために登記を行いますので
登記費用は必要ですが、知らない間に自分の所有でなくなることはありません。

盗まれる心配がないことも不動産投資の大きなメリットです。

インターネットに繋がっているものは全て ハッキングのリスクがあります。
アメリカのドローン爆撃機を中国やロシアがハッキングしたり
要人が乗る自動運転の自動車を暗殺者がハッキングすることもありえます。
インターネットのセキュリティ技術も進歩していますが、ハッカー集団も技術を磨いていて「いたちごっこ」です。

一日で大きく値が動き利益がだせる仮想通貨は人気がありますが、
全財産を仮想通貨に投資するのは、勇気が必要です。

参考資料
登録免許税  
所有権移転登記 (中古マンション)    固定資産税評価額の2%
所有権保存登記(新築マンション)  固定資産税評価額の0.4%
その他に 司法書士の手数料が必要です。

関連記事

コラム97「株価と不動産 -日経平均-」を公開致しました。

コラム100「コロナインフレ -物価上昇- を公開いたしました。」

コラム116「世界のREIT -先行指数-」を公開致しました。