明和グループ東京のワンルームマンション30年の実績

[お問い合わせ]営業時間/10:00~17:00
0120-005-633

2021年03月08日(月)

コロナインフレ -物価上昇-

「インフレの時代は貯金などやめて借金で暮らした方が得である」
かつてお金儲けの神様と言われた、作家の邱永漢氏が言った言葉です。

世界的にアフターコロナで物価上昇が進んでいます。
特に食料品、インドネシアでは豆腐が30%値上がり
ロシアでは砂糖が61%値上がりしています。
原油価格も上昇しています。

インフレの要因としては

①世界経済の需要超過
◎労働力不足
◎設備不足
◎資源不足

②通貨価値の下落
◎通貨の過剰供給
◎財政の悪化

などが挙げられます。

コロナインフレとも言われています。
一足早くワクチン接種を受けているアメリカでは
すでにインフレ懸念が高まっています。

日本では長い間デフレが続いていましたから、インフレがどういうものか
知らない世代が多いかもしれません。
デフレの時代は現金で持っていても問題ありませんが、
「インフレの時代に現金で所有していることは禁物です」
「Cash is loser」

インフレに弱い資産は
現金
保険
国債
年金

インフレに強い資産はなんといっても不動産
お金を借りて大都市のマンションを買うのがベストです。
インフレになれば、借金は目減りし、家賃は上がり、物件価格も上昇します。

物価上昇の一例
         1970年    2000年  2017年
食パン:1キロ    116円     422円   434円
牛肉 :国産ロース  237円     734円   906円
焼酎 :麦1本    398円     1421円   1610円

※資料引用 総務省統計局

関連記事

コラム66「台東区の魅力-都心7区?-」を公開致しました。

コラム62「収入保障保険-残された遺族の生活費-」を公開致しました。

コラム100「コロナインフレ -物価上昇- を公開いたしました。」