明和グループ東京のワンルームマンション30年の実績

[お問い合わせ]営業時間/10:00~17:00
0120-005-633

2021年02月05日(金)

ブランド -ステージシリーズ-

明和グループのマンションには、3つのブランドがあります。

【ステージファースト】【ステージグランデ】【グランドコンシェルジュ】

現在220棟以上の自社ブランド物件を分譲しています。物件のグレードは同じです。
1994年にステージファースト第一号ステージファースト日吉を分譲しました。
その後新築分譲70棟を超え、2007年に
新ブランド「グランドコンシェルジュ」を発表しました。

ステージファーストは総戸数50未満物件
ステージグランデは総戸数50以上の物件
グランドコンシェルジュは比較的閑静な住宅街のマンション

代表的な物件としては
「グランドコンシェルジュ赤堤」
「グランドコンシェルジュ広尾」等があります。

明和ブランドの特徴としては
建設会社の間では有名な、明和仕様という規定があります。
これは単に建築基準法をクリアするだけでなく、より厳しい基準を設けています。
良い建物を作るためには多少、建設会社に面倒くさい会社と思われても止む無しです。
鉄筋の本数や壁の厚さ、床スラブ厚、ユニットバス、玄関ドア、ドアノブなど

例えば ワンルームのキッチンでもミニキッチンは使用しない。

ミニキッチン

※写真はイメージです。

明和仕様のキッチン

※実際にある明和仕様のキッチンの一部です。

インターネット設備標準装備、入居者は無料。
エアコンは最初から設置になっています。

ブランドポリシーは【高級路線】

洋服の世界ではユニクロなどファストファッションが流行していますが
不動産は1年着て使い捨てというものではありませんので
長期の使用に耐えられる設備・仕様を考えています。

またワンルームマンション、コンパクトマンションでは珍しい

住宅性能評価を取得しています。

◎住宅性能表示制度とは平成12年4月1日に施行された
「住宅の品質確保の促進等に関する法律(以下「品確法」という。)」に基づく制度です。

品確法は「住宅性能表示制度」を含む、以下の3本柱で構成されています。
1.新築住宅の基本構造部分の瑕疵担保責任期間を「10年間義務化」すること
2.様々な住宅の性能をわかりやすく表示する「住宅性能表示制度」を制定すること
3.トラブルを迅速に解決するための「指定住宅紛争処理機関」を整備すること

※住宅性能評価の費用は、総戸数50戸程度のマンションで、
設計性能評価に40万円~50万円
建設性能評価に75万円~85万円
の費用がかかりますが、お客様の財産のためにしっかりした建物を作ることは、
明和ブランドの基本ポリシーです。

※追記
余談ですが。
ブランド名は一つでも良かったのですが、
例えば【ステージファースト三軒茶屋Ⅱ】【ステージファースト三軒茶屋Ⅴ】
としていくと、宅配便のドライバーが間違えたりすることが増えてしまったのですね。
それでわかりやすく、ブランド名を増やしたのです。

今年も年間10棟以上のブランドを分譲予定です。

関連記事

コラム43「土地の持分-敷地権の割合-」を公開致しました。

コラム91「走・攻・守 -総合力 -」を公開致しました。

コラム30「マンション購入適齢期-マンション経営は、何歳から始めるのが最適なのか?-」を公開致しました。