明和グループ東京のワンルームマンション30年の実績

[お問い合わせ]営業時間/10:00~17:00
0120-005-633

2020年12月25日(金)

走・攻・守 -総合力-

走・功・守とは野球の用語で、走ってよし、打撃よし、守備よしの選手のことです。
アメリカ大リーグでは、5ツールプレーヤーという言葉があるそうです。

アベレージ・パワー・スピード・肩・守備

簡単に言えば総合力ですが、こんな選手はなかなかいないですしいればスタープレーヤーです。
現在の5ツールプレーヤーの代表的な選手は先日、年棒6億1千万円の契約をしたソフトバンクの柳田悠岐選手です。

総合力が大事なのは、冷静に考えれば誰もがわかることですが、
投資の世界になるとけっこう偏ってしまう人が多いようです。

例えば、利回りのことだけしか考えてない人
利回りが高い方が魅力的なのは当然ですが利回りだけに目が眩んで、

駅徒歩20分、築年数30年、専有面積16㎡、
水回りは3点ユニットバス(トイレとお風呂一緒)
などでも購入を決めてしまう人もいます。

マンション投資でいう走・功・守とは一般的には

①立地 ②施工 ③管理
と言われますが、他にも大事な要素はたくさんあります。

①駅からの距離   ②築年数   ③設備
①管理  ②広さ  ③外観
①ブランド ②利回り ③住環境
①建築水準  ②デザイン  ③人気の駅
①街の将来性  ②街の安全性  ③どんな人が住んでいる街か

どれが優先順位かはご自身で指標を決めて物件を選んでみてはどうでしょうか。

こだわりすぎて、○○星人になってしまうと判断を誤ります。
不動産投資は長い付き合いですから、総合的に選びましょう。

例えば、中古物件であれば

◎専有面積20㎡以上
◎築年数20年以内
◎駅から徒歩10分以内
(複数駅利用なら15分以内でも可)
◎分譲会社が存続している
◎管理会社が大手
◎修繕積立金が順調に貯まっている
など…このような基準をある程度作って物件選択をした方がいいでしょう。

また物件選びにあたっては、柔軟性も大事です。

何がなんでも中古 利回り~%以上絶対港区物件など…
新築・中古にこだわる必要もないと思います。
新築物件の方が魅力的なエリア中古物件の売り物が極端に少ないエリアなどもあります。

ソフトバンクの柳田選手のような物件があればラッキーですが、少しは妥協も必要です。

関連記事

コラム26「消費増税とインフレ-長期で見た場合の物価上昇-」を公開致しました。

コラム28「住宅ローンの進化-住宅ローンを活用しよう-」を公開致しました。

コラム20「マンション投資適正診断-自分は不動産投資に向いてるの?-」を公開致しました。