明和グループ東京のワンルームマンション30年の実績

[お問い合わせ]営業時間/10:00~17:00
0120-005-633

2020年07月03日(金)

台東区の魅力-都心7区?-

台東区のイメージは、上野公園、浅草、上野駅など
上野駅は1885年に上野⇔熊谷間の開業とともにオープンしました。
100年以上の歴史のある駅です。
「♪上野発の夜行列車~♪」というヒット曲にあったように
かつては、北関東、東北、信越地方からの「北の玄関口」として繁栄しました。

1985年には東北、上越新幹線の上野⇔大宮間が開通して新幹線でも始発駅となりました。
1991年に上野⇔東京間の延伸があり、
上野駅は終着駅から通過駅になりました。
昔は少し田舎くさいイメージがあった上野駅ですが、最近は変わりました。

台東区は都心からやや北東側に位置し、江戸時代を通じて東京で最も古い市街地です。  
現在の人口は約21万人。
今でも古い街並みが残っており、静かで落ち着いた住みやすい街と言えます。
台東区には少し地味なイメージを抱く方もいるかもしれませんが
地図で見るとけっこう東京の中心部です。

参考に
都心3区は 千代田区 港区 中央区
都心5区は 渋谷区 新宿区が入ります。
都心6区は 文京区が追加
もし、都心7区という定義があれば、台東区も入る可能性があります。

注目すべき点は、台東区は千代田区と中央区に隣接しているという点です。
千代田区は皇居、丸の内、大手町のオフィス街があり、
中央区も日本橋や銀座があり大商業地域で、住宅は少ないですし、家賃も高いです。
それゆえに、台東区は丸の内や大手町のベッドタウンになっているのです。

台東区は、アクセスは都心と同等なのに、まだ家賃も価格も割安で
不動産投資にとってはチャンスのエリアでしょう。

台東区のマンション投資にご興味のある方はこちら

グランドコンシェルジュ蔵前

※台東区蔵前は江戸時代に米蔵「浅草御蔵」があった縁起の良い街です。

関連記事

コラム39「山手線の内側と外側-希少性-」を公開致しました。

コラム75「ウォーレン・バフェット氏-長期投資-」を公開致しました。

コラム27「地価上昇のトレンド-上昇トレンドは続くのか?-」を公開致しました。