明和グループ東京のワンルームマンション30年の実績

[お問い合わせ]営業時間/10:00~17:00
0120-005-633

2020年06月12日(金)

資産インフレ-大規模金融緩和-

世界中で景気刺激策が始まっています。

・アメリカの金融政策 約250兆円
・EUの金融政策   約90兆円
・日本の緊急経済対策  117兆円

コロナ危機を脱するため、このように世界の中央銀行や政府は、
債券買い入れや、財政支出などで約1600兆円の刺激策を打ち出しました。
これだけの量の紙幣を印刷した後に、来るものは財政インフレです。
世界ではアフターコロナに物価上昇の可能性が高いです。
長くデフレが続く日本では、資産だけが値上がりする資産インフレが起こりそうです。
資産インフレとは、消費者物価指数は横ばいでも株、金、不動産などが値上がりすることです。

現在、ニューヨークダウや日経平均など株価も実体経済とはかけ離れて
上昇していますが、これは株価が上がっているのではなく、貨幣価値が一段と下がっている現象の可能性があります。

コロナショックの一時的な需要減退でデフレになりますが、その後はインフレ傾向になりそうです。

未来のことは誰にもわかりませんが、
この先もデフレが続くと予想する人は、資産を定期預金で保有するのがいいでしょう。

将来、インフレになると予想する人は、金、株式、不動産投資がお勧めです。

他にも、インフレになる理由があります。
アフターコロナでコストプッシュ型のインフレです。

◎効率よりも安全を重視する世の中になる。
安全重視にはコストもかかる

◎脱グローバル 国内回帰
東南アジアや中国などの工場の方が、安く生産できるがサプライチェーンの分断の問題など今回のコロナショックで浮き彫りになりました。
企業はあらゆる危機にも対応できる生産供給体制を目指し、工場などの国内回帰が起きるでしょう。

※マンション投資がインフレに強い理由
①家賃がインフレで値上がりする。
②物件価格が値上がりする。
③住宅ローンはインフレで目減りする。

将来、インフレになるのかデフレになるのか?
この予想次第で投資には大きな差が付きます。

関連記事

コラム24「マンション投資の失敗-マンション投資の失敗例-」を公開致しました。

コラム69「香港の不動産-世界一住宅の高い都市-」を公開致しました。

コラム55「セカンドハウス-二拠点居住-」を公開致しました。