明和グループ
東京のワンルームマンション30年の実績

2019年10月04日(金)

住宅ローンの進化-住宅ローンを活用しよう-

日本人は基本的に、借金は嫌い、ローンは嫌だ。という人が多いと思います。
もちろん消費者ローンや、ギャンブルの借金は良くないものですが
最近の住宅ローンは各銀行の競争で進化しています。

ローンを組んだ人が死亡した時に保険で住宅ローン残高が
ゼロになる団体信用生命保険はご存じの方が多いと思いますが、
更に8疾病保障保険や入院保障やがん保険の付く住宅ローンもあります。

いずれも単体で保険に入るよりも割安なケースが多いので検討に値すると思います。
各金融機関によって保障内容は異なりますが、簡単に内容をご説明します。

◎8疾病保障付住宅ローン
がん、脳卒中、急性心筋梗塞 (三大疾病)+
高血圧、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎 (五疾病)
の病気により就業不能状態になった場合に最長12カ月ローンの支払いが免除されます。
また就業不能状態が12カ月を超えて継続した場合にはローン残高がゼロになります。

◎入院保障付住宅ローン
病気やけがで入院した場合のローン返済額を12カ月分保障
12カ月を超えた場合にはローン残高がゼロになります。

◎がん保障付住宅ローン
がんと診断された場合に住宅ローン残高がゼロになります。
加えて自由に使える一時金100万円が支給されます。

◎お仕事保障付住宅ローン
勤務先の倒産、会社事由による解雇等、本人の就業意思にもかかわらず失職し1カ月を超えて再就職できなかった場合
最長6カ月を限度にローンの返済を保障されます。

このように最近の住宅ローンは進化していますので、保険に入る代わりに
という考え方で住宅ローンを使ってマンション投資を検討してみてはいかがでしょうか。
注)銀行や住宅ローン会社によって保障範囲の違いやローン金利の
上乗せ等ある場合がありますので、詳細については弊社の営業スタッフにお問い合わせください。